読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

richardkoshimiizu's blog

衆参不正選挙で政権を詐取した自民公明偽政権は、安倍晋三偽総理の背後のユダヤ金融資本に操られ、極東で戦争を引き起こそうと画策しています。息子を戦場で犬死させたくないなら、ともに立ち上がり闘ってください。

配偶者控除を廃止して、少子高齢化を促進するそうです。(自民党)

安倍 馬鹿 裏社会

配偶者控除を見直せば、同じ収入を得るために妻は長く働かざるを得ない。

結果、「妻」の家庭不在時間が長くなる。

ますます、子供を産まなくなる。「少子高齢化が進展する」と思うのですが。

勿論、子供のネグレクトも度合いを増し、家庭教育にも悪影響がある。

子どもは、5歳までは母親と一緒にいることが望ましい。

「女性の社会進出」とは、日本人の人口減少を目的としたものと捉えています。

それに加えて外国人労働者を入れることで、混血化を進め、純日本人を消滅させようとしていると。

ロンドンもニューヨークも人種のるつぼとなり、住民は『混血』が当たり前となった。民族・国民の独自性・連帯感が失われ、民族としてみると劣化していく。「日本人」にも劣化してもらいたいようだ。

自民党税制調査会の宮沢氏は「少子高齢化が予想以上に進展している。日本経済のため、女性の社会進出を増やすことが喫緊の課題だ。」というが、ごく単純に矛盾していると思うのだが。

2016/8/30 10:03

必死になって日本を壊したい自民党少子高齢化が進展しているんだったら、まず少子化対策が先だろう。なんで女性の社会進出なんだ。

配偶者控除、見直しへ…年末の大綱に改革方針

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160829-OYT1T50102.html

自民党税制調査会の宮沢洋一会長は29日、読売新聞のインタビューに応じ、専業主婦や年収103万円以下のパート主婦のいる世帯の所得税を軽くする「配偶者控除」を見直す方針を明らかにした。 年末にまとめる2017年度与党税制改正大綱に改革方針を盛り込むことを目指す。自民党と歩調を合わせ、政府税制調査会も9月から、配偶者控除の見直しに向けた議論を本格化させる見通しだ。 宮沢氏は「少子高齢化が予想以上に進展している。日本経済のため、女性の社会進出を増やすことが喫緊の課題だ。配偶者控除については問題点が指摘されており、秋から冬にかけて検討しないといけない」と述べた。 配偶者控除は、専業主婦やパートで働く人の年収が103万円以下の場合、世帯主の課税所得を一律で38万円減らす制度だ。制度の恩恵を受け...

見よ!